山百合が咲く季節です

f0231460_1431233.jpg
f0231460_1418348.jpg
f0231460_14181725.jpg
f0231460_14175472.jpg
f0231460_14173392.jpg
f0231460_1416373.jpg
f0231460_1416518.jpg
f0231460_14154664.jpg

7月は野山に行けば百合の花を多く見ることができます。百合は古くから人びとに親しまれてきた花です。頭がでっかちの大きな花で風が吹けばよく揺れるのでユリの名がついたそうです。百合はすべて鱗茎がありますが昔は食料にしましたので里山の人家の付近には多くの百合が自生しています。甘くとても美味しいものです。
上からウバユリ、ヒメユリ、タカサゴユリ、カノコユリ、オニユリ、ササユリ、ハンカイソウ(百合ではありません)
百合は見かたによれば毀誉褒貶の花、白く清楚で美しいがまた突き出た柱頭部は節度がなくみだらともそこでこのような句も
        白百合の臓腑あらはに咲きにけり   田中 亜美
 
by aokinature | 2010-07-14 15:10 | 花の風景
<< 三嶺、西熊山の渓流の風景です。 高知県本山町白髪山の天然ヒノキ... >>