山村は花の里山になりました

f0231460_21571098.jpg
f0231460_21564769.jpg
f0231460_21562234.jpg
f0231460_21554647.jpg
f0231460_21544846.jpg
f0231460_21534669.jpg

ここは日本一の大杉がある高知県大豊町の山村の風景です。総面積31494ヘクタール、その内森林の面積は27716ヘクタール何と88パーセントがお山です。山の傾斜地で木を切り田畑を開墾して暮らしてきました。棚田も多くあります。見ると農道や林道が縦横にありますが昔は皆無で歩道だけでした。神社に寄ると少し腰の曲がった80才くらいのばあちゃんがが居ました。お話をしましたがここにお嫁にきたのが二十歳、引きますと60年暮らしました。ここで鍬と鎌を使って背中に背負い苦労をしましたぞねと語りました。平地ではなく階段ですので上り下りで足腰はこわれましたぞねと。牛を飼い牛乳を背負い売りに行ったぞねと。ほぼ自給自足暮らしをしてきたのです。俯瞰できる場所に立ち山村の風景を眺めると、山桜やここにある木蓮の花が咲き美しい景色ではありますが、人の労苦がつくりあげた景観でもあります。永遠の歴史でつくり守ってきた山村の人たちの景観を残してあげましょう。
by aokinature | 2011-04-15 23:09 | 花の風景
<< 霊場の春景色です 山桜の風景です >>