花のスナップ写真です

f0231460_1163632.jpg
f0231460_1161753.jpg
f0231460_1155440.jpg
f0231460_10481268.jpg
f0231460_10474745.jpg
f0231460_1047245.jpg

梅雨も明け炎天下で過ごす夏になりました。空を仰ぐと紺碧の空に入道雲とオレンジの太陽が俺の出番とばかり見下ろしています。今夏もことのほか猛暑のようです。日々熱中症で命を落とされている方がいます。自然は容赦しません。防げるものは守り救急車に乗らないようにしましょう。さて植物に目をうつすとどのような環境でも耐えて生きています。草木も生物もすべて存在する意味があるのです。存在の理由を持っているのです。宇宙のすべて石ころにも在るべきところになければならないと意志があると考えます。例えば山に行き眺めるだけでなく自然の真理を少しでも探れば、自然を尊敬せねばと思うことになるでしょう。仏教の世界では山も川も草木も絶対の真理を説いている、すべてのものに仏が宿るという発想です。無情である自然が人間に説法していると考えているのです。このことを「一切衆生悉有仏性」(いっさいしょうじょうしつうぶっしょう)と言われます。わたしたちは森羅万象のすべてが同じ存在であることで成り立っているのです。自然は恐ろしいものです。優しくなんかありません。ひれ伏すべきもです。自然を敬い大切にしましょう。
花は上からナツツバキ、ヤマボウシ、大賀ハス、ウバユリ、ノウセンカズラ、オニユリでありふれたものです。
by aokinature | 2011-07-14 12:48 | 花の風景
<< 写真パーツ 四国ブログ村 >>