魚梁瀬の千本スギです。日本一のスギの森林です

今回は貴重な森林を紹介しましょう。大きな樹木を見れば自然の創造するものはまさに驚異を感ずることでしょう。地球は樹木の緑で守られています。樹木の生産されるもの例えば酸素あるいは濾過された水、私たちの住み家など限りない多くの恵みを受けています。ここは高知県の東にある奈半利川の上流の国有林です。魚梁瀬スギ、秋田スギ、木曽のヒノキと日本の三大美林に数えられ木目形質色合いではの日本で一番のスギだと思います。ここは年間5000ミリの雨が降ります。雨でも日本有数の多雨地でこの降雨で水の大好きな杉は成長し天を突くように大きくなります。 ここは保護林に指定され後世に残される森林で枯れ倒れるまで守られています。昔は土佐の宝の山で記録によりますと白髪山のヒノキと同様に大阪や京都の城郭や神社仏閣の建築に献上したようです。材木は廻船で運ばれましたが特に安芸地方は土佐廻船807艘のうち481艘と8割を持っていたと言われています。高知県の東部には膨大な森林があったこということです。昔は安芸郡には営林署が5署あり木がいかに多くあったことかと偲ばれます。樹木の大きいものは幹回り6メートル余り樹高は50メートル以上あります。以前このヤナセスギ一本をまるごと元から先までを市場に出して売ったことがありましたがその価格が3600万円の高額で落札されました。私は最初の赴任地がこの地の奥で昭和33年18歳から8年余住みました。不便なことはこの上なく夕方には山小屋のともしびのランプの火屋をみがきました。道路はなく森林軌道で徳島県境の近くまで歩いて山に行きました。山を這いまわり木の匂いが身体にしみついた懐かしい地です。その頃は鬱蒼とした樹海で別世界に来たのでは思ったことでした。しかし伐りつくされ残されたのはこの保護林などで僅かで稀少の森林となりました。もう300年のお歳を数えています。大変な高齢なのです。いたわり大切にして1000年2000年と長生きをするようにしましょうね。
f0231460_1345963.jpg

f0231460_13154149.jpg

f0231460_1912455.jpg

f0231460_19151317.jpg

f0231460_19163492.jpg

f0231460_199462.jpg

f0231460_1314125.jpg
f0231460_13115921.jpg
f0231460_13101756.jpg
f0231460_1395228.jpg
f0231460_13923100.jpg
f0231460_138476.jpg

by aokinature | 2012-07-20 13:35 | 森林
<< 森は地球の宝物です 山村の石垣の棚田です >>