朴木(ホオノキ)の花です

f0231460_17193086.jpg

f0231460_17184290.jpg

f0231460_17191911.jpg

f0231460_17265676.jpg

f0231460_1722114.jpg

日本産の落葉樹では葉は40cm花は25cmにもなり一番大きいものです。高いところに咲くので見る機会は少く山にもぼつりぼつりと天然林のなかなどにあり最近は希少になったようにも思えます。花はおとなりが咲いてもわたしはまだよと自由主義です。材は白くやわらかで一目で朴とわかります。もう大きい木はなく貴重なものになりました。昔は嫁入り道具として和裁をするのに朴の木の裁ち板を持たせたものでした。懐かしい時代になりました。
さて、この時季なぜか白い花がよく咲く頃ですね。濃いみどりに白い花、梅雨のあふれる水、植物は生命を充満している季節です。
        幹に身を寄せて見上ぐる朴の花   深谷雄大
 にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
by aokinature | 2013-05-29 18:56 | 花の風景
<< 魚梁瀬森林鉄道 やなせ駅、魚梁... 土佐天空の郷(高知県本山町)水... >>