カテゴリ:巨樹巨木( 3 )

宿屋(やどや)スギ、折れ合いのヒノキ幻の巨木を見て下さい

f0231460_10524714.jpg

高知県野根山街道にあった宿屋スギです。昭和19年室戸台風で倒れました。当時の大きさは幹周り16.6メートル、高さ32メートル、樹齢1000年でした。根元の空洞4畳半5人が泊まれたそうです。
立ったあとに根元の株が保存されたいます。立ったまますらりと入れます、いかに大きかったがわかります。参考に日本一の大杉は南大杉と北大杉の2株ありますが北株は16.5メートルです。
f0231460_152784.jpg

高知県窪川町にあった日本一のヒノキです。大きさ根元の周り13.8メートル高さ30メートルです。写真では木の裏側は見えませんが大きな枝からとてつもないヒノキだと察します。スギの大きい木はありますがヒノキの巨樹は希少です。高知県には本山町白髪山に樹齢800年以上の天然ヒノキがありますがこの木にはかないません。(古いモノクロームの写真は木がわかりにくいので彩色しました)
f0231460_1201038.jpg

この写真は林野庁で写真を撮っていられ後プロの写真家になられた八木下 弘氏が昭和54年に出された写真集「日本の巨樹」に中にある折れ合いのヒノキをお借りました。記録では昭和53年8月15日撮影、樹齢800年幹周り9.88メートルです。残念に肉がそげ骨となり小さくなっています。樹木は生い立ちから自然の過酷な環境で育つですが短命で終わるもの長寿を全うするもの様々です。願わくばもう少し、いや800年の途方もない歳月親の歳を越して生きたことでしょう。褒めて上げましょう。あなたのもの言わぬすがたから多くの学び得たことにお礼を言いましょう。
by aokinature | 2013-07-08 12:46 | 巨樹巨木

椋(むくの木)の四季

f0231460_10143717.jpg
f0231460_10141564.jpg
f0231460_10135252.jpg
f0231460_10132153.jpg

一本の椋の木の季節に移り変わる姿です。この木は大きく目測で幹回り5m、高さ20m樹齢は推定で350年くらいでしょうか。横に神社がありこの地の人がその昔植えられたのでしょう。私は近くに住んでいましたので、四季折々の木の風景を中判のカメラで撮りました。春の芽吹きからさらに緑の葉をつけ秋にはお化粧をして、最後は白い衣を被ります。まさに自然の名画を眺めているようで色彩とスケールの大きさでこれに勝るものがあるでしょうか。自然の中に足を踏み入れらばこのような風景や景観にお目にかかれると思います。遠くから見るだけでなく自然の存在するものに触れましょう。このような巨樹の傍に立ちさわりながらお話をすれば少しは人生が変わるかもしれませんよ。
by aokinature | 2010-12-15 11:22 | 巨樹巨木

日本一の大杉のしめ縄のかけ替えです

f0231460_1034742.jpg
f0231460_1032810.jpg
f0231460_1025711.jpg
f0231460_10295.jpg
f0231460_1015460.jpg

高知県大豊町にある大杉で10月10日行われました。年に一度祭りの前の日に地元の人たちの共同作業で昔から引き継ぎ為されています。縄の長さは35メートル綯うのに皆さんで半日かかるようです。
かけるのに大変な気配りで、高さ垂れぐあい見栄え等々更に写真を撮る方にもポイントを配慮しています。スギの樹齢は3000年南大杉、北大杉二株が根元で合着しているところから夫婦杉とも呼ばれています。南大杉は幹回り20メートル高さ60メートル、北大杉は幹回り16.5メートル高さ57メートルで国の天然記念物に指定されています。大豊インター、大杉駅の近くで国道32号線のすぐ上に立っております。その大きさに必ずや驚嘆することでしょう。ご存じの不世出の大歌手美空ひばりさんが幼いころ地方まわり歌っていたときこの奥の川にバスの転落事故に遭いました。救われた命に代えて日本一の歌手になることを誓ったといわれます。その記念の碑あります。その碑の前に立てば唄「川の流れのように」を心を込めて歌ってくれます。あの大歌手もあどけない少女のころ四国の山村を古い木炭のバスで走り回っていたのですね。幼いひばりが怪我の姿で泣いて誓い願望を果たしたことに賞讃と拍手を送りしましょう。この場所に立てばひばりの見た山村の景色が眺められます。今は亡きひばりさん心情を察して偲んで下さい。
by aokinature | 2010-10-17 11:01 | 巨樹巨木