カテゴリ:棚田( 47 )

棚田の畦に花が咲いています。朴(ほお)の花がありました

f0231460_1153938.jpg
f0231460_1164899.jpg

f0231460_1173786.jpg

f0231460_11152963.jpg

f0231460_1183881.jpg

f0231460_11103192.jpg

f0231460_1117740.jpg

5月18日棚田はどうなっているのだろうと出かけました。山村の田んぼは植える準備で水田がところどころできていました。畦の草も刈られています。そのような田んぼの畦に花の咲いたまま残してありました。農家のおばあちゃんでしょうかやさしい愛情あふれる心遣いですね。お花たちもその気持ちを汲んでか笑うように咲き五月晴れの下で風にゆられおどっているようです。山手を見る朴の花を見つけました。白い大きな花弁を空に向けて咲いています。空を仰ぐとトンビがくるりとわをかいたホーイノホイ。新緑の棚田の風景、豊かな色彩に渦巻く季節その表現を見さだめていました。
朴の花は後日きれいなものをお見せしましょう。
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
by aokinature | 2013-05-19 12:03 | 棚田

天空の郷などの雪の景色です

f0231460_22152321.jpg

f0231460_22124187.jpg

f0231460_22131549.jpg

f0231460_22161619.jpg

f0231460_221857100.jpg
f0231460_22175711.jpg
f0231460_22173017.jpg

去る2月20日高知県嶺北の山村に雪が降りました。今年は降雪は少なかったようです。この日は早朝に出かけましたが残念ながらほとんど解けていました。雪に覆われた風景は美しい景観になるのですが、今年はお目にかかれず終わりそうです。カレンダーは3月にめくられました、これからは冬のモノトーンからカラーの春景色にへと変わります。
by aokinature | 2013-03-01 22:43 | 棚田

高知県相川米 高須の案山子の仲良しファミリーだよ 見に来てね 

f0231460_1839471.jpg

f0231460_17255144.jpg
f0231460_17232558.jpg
f0231460_17232521.jpg
f0231460_17224582.jpg
f0231460_17225647.jpg
f0231460_172236100.jpg

f0231460_1722138.jpg

「こんにたわ、よくいらっしゃいましたね」
この場所に高須の農家のご婦人が毎年ご覧のような素晴らしいお人形さんを置いてくれます。いつも工夫を重ねて上手につくってありますね。そばによりじっと眺めていますと思わずお話をしたくなります。顔や姿にお百姓さんのやさしい眼差しや心をそれは愛情なのかもしれませんね。アベックには幸せだなーと見えます。子供たちもこの上なく愛らしく可愛いです。みなさんそれぞれファッションのデザインも素敵です。棚田は昔は一本足の案山子だったのじゃが世も変わったのうと驚いていることでしょう。
さて、ここ高須は極上の美味しいお米の産地です。「相川米」というブランドで全国版です。自然の恵みときつい労働を克服して米作りに情熱をかけての賜物なのです。田んぼからこぼれるような稲穂を見ると毎年作り出す自然とお百姓さんの力に感嘆し感動もします。
大豊町、本山町、土佐町の山間には多くの棚田があります。農山村の尊い風景を見ましょう。日々の暮らしは自然を守ってくれた農山村があってのこそなのです。受けるだけでなく恩返しもしましょう。

人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。ありがとうございます。観賞に値でますよう努力します。
by aokinature | 2012-10-13 18:57 | 棚田

棚田に桜咲く四季の風景です

f0231460_12482557.jpg

f0231460_9111940.jpg

f0231460_1234355.jpg

f0231460_1434877.jpg

f0231460_8401392.jpg

f0231460_9323761.jpg

f0231460_9444983.jpg

ここは高知県香美市にある棚田です。盆栽棚田とかはこ庭棚田などと呼ばれているようです。この田んぼを耕している方が手入れされて四季折々に美しい風景を見せて下さります。桜もお年寄りのお世話に応えねばと手足を空に向かって伸ばしています。山村の小さな景色ですが人間の自然への愛情がつくりあげた景観です。お互いに無償の愛で結ばれたものなのですね。
by aokinature | 2012-09-29 12:50 | 棚田

土佐天空の郷の棚田は黄金の景色なりました

f0231460_18204487.jpg
f0231460_18202171.jpg
f0231460_18194525.jpg
f0231460_18192131.jpg
f0231460_18185591.jpg
f0231460_1818978.jpg
f0231460_18174247.jpg

紺碧の空、白い雲、稔りの田んぼ秋の風景になりました。猛暑の吹き出した汗の肌も朝夕はひんやりした感じに変わりました。5月の植えた小さな苗も稲穂で撓わむれおじぎをしています。稔るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな。自然の恵みとお百姓さんの愛情を受けて美味しいお米をつくりました。正直ものですね。可愛がってくれたものには必ず恩返しをするのですね。美味しいお米を沢山食べて健康で長生きをしてねと願っています。山村のお米や野菜を食べて更に木材を使って山の人たちを応援しましょう。さて、私たちの周囲にある草や樹木のような心のないものでもすべての生物は仏性をもっており仏になるという、と仏教では教えています。私たちと一緒で仲間ということでなのですね。人類が生きられるのも宇宙の善意での行いがあってのこそです。太陽の光がなかったらどうなるのでしょう。樹木のみどりがなくなったら、天からの雨水が止まったら飢え死にます。自然は無償行為で光を水を酸素を与えてくれます。私たちも善い行いをして自然を破壊することはやめましょう。そむくことを成せば因果応報の法則という確率の高い報いがあります。恐ろしいですね。さて、私たちも少しでも日々善い行いをして暮らしましょう。そして自然を敬い良い環境を子孫に残すには、使い放題をやめて保護もしなければなりません。宇宙から見れば人間はちりのようなもの一生も一瞬のまばたきのようなもの、便利さばかりを追うことはやめて飢える人がいない地球にしましょう。
by aokinature | 2012-09-28 20:18 | 棚田

稲穂が熟れ始めました

f0231460_15382797.jpg
f0231460_1538378.jpg
f0231460_15375239.jpg
f0231460_15372571.jpg
f0231460_1537124.jpg

先日、稲の実りはどうなっているだろうかと雨は降っていましが見に行きました。ここは物部川の山辺にある棚田です。上れば展望は素晴らしく蛇行する川の彼方には香長平野、土佐湾そして太平洋を眺めることができます。田んぼを見れば稲穂はこうべを垂れおじぎをして収穫される日を待っているようでした。百日紅が雨粒をつけて重たそうに垂れていました。これから畦には彼岸花が咲き、晴天ともなればお百姓さんは忙しい日々になります。豊年の風景になりますように願いましょう。
by aokinature | 2012-09-11 16:22 | 棚田

夏の風景をご覧ください

f0231460_1515538.jpg
f0231460_15152638.jpg
f0231460_151448100.jpg
f0231460_15135897.jpg
f0231460_15133028.jpg
f0231460_1513269.jpg
f0231460_15125193.jpg

猛暑極暑炎暑等々今年の夏はこのような言葉にふさわしい暑い日々です。耐えてはいますが応えますますね。お天道様にお願いしましょう。「そんなに焦げるほど熱く燃えないで、少し釜の火を下げて下さい」と。先日雨上がり出かけましたところ山には霧がかかりそして濃い緑の景色白い雲が表れました。自然は元気いっぱいのようです。この季節健康最優先で暑さに降伏しないよう益々のご自愛の程を願っています。
by aokinature | 2012-08-07 16:11 | 棚田

山村の石垣の棚田です

f0231460_1350113.jpg
f0231460_20411588.jpg

f0231460_2044402.jpg

f0231460_20405153.jpg
f0231460_20402622.jpg

f0231460_12464792.jpg

f0231460_20545476.jpg

高知県仁淀川の深山にある棚田です。いつごろできたのでしょうか。稲作は古い時代からつくりましたが本格的な耕作は江戸時代と考えられます。ここに谷や山から石を運び築きあげたのでしょう。重い石を素手で持ち血を出しながら重ねていったことでしょう。ひとつの山を階段の棚田にデザインする智慧には只驚くばかりです。測量する道具もなく頭の中で切ったり盛ったりして田んぼをつくりあげたのです。この景観の石垣を見て永い歳月をかけた労働に尊いものを教えられます。この地も山村の不便な奥地で冬は雪の降るところ必死で生きたことでしょう。働いて働いて質素倹約で暮らしたことと思います。ここもお年寄りが多くなり田んぼも耕作できなくなり花など植えています。私が行ったときは菖蒲を手入れしていましたが、イベントを行いお客さんを呼ぶのだと言っていました。生まれ育った郷愁の故郷もいつかは瞼を閉じて浮かべる景色になるでしょう。
積み上げられた石垣の棚田は人間の尊い労働と自然が手を結んでつくられた景観、山村の原風景です。みなさんは山村の自然、風景を見てどう思いますか。歴史がつくりあげた田畑人家暮らした生きざまのある景色に感動をすると思います。心の中に入る記憶の風景であると思います。振り返り苦楽を思い出すこともあるでしょう。棚田は水の調整や保水など公益の機能もありますが、私たちの精神にも住みつく大切なものを与えてくれます。この棚田も山村の衰退で放置されています。個人の力ではもう守れない状況なのですね。自然は生きるために人間の創造したものです。壊しても失ってもいけません。おや、どこからか「おれたちの苦労を仇で返すのか」と祖先の叱責が聞こえそうですね。
by aokinature | 2012-07-10 22:17 | 棚田

水田は多目的ダムです

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
by aokinature | 2012-06-24 18:25 | 棚田

美しい景色大切なものは山村にあります


環境問題・保護 ブログランキングへ
by aokinature | 2012-06-24 18:18 | 棚田