<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

写真ブログ

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
by aokinature | 2011-04-21 06:31

霊場の春景色です

f0231460_17374129.jpg
f0231460_17372744.jpg
f0231460_1737082.jpg
f0231460_17364527.jpg
f0231460_1736319.jpg

四国霊場28番大日寺29番国分寺の景色です。私の住まいの周辺には31番の竹林寺など5箇所あり折に触れ出かけています。季節の度に変わる風景そこに咲く花や植物あるいは催しものを見に行くのです。ここ國分寺のしだれ桜はお見事で訪れる参拝の人々は美しさに堪能しているようです。4月はお遍路さんも多く白装束に身をまとい、お大師さんの前で般若心経を唱えています。手を合わせお願いをあるいはおのが身の精進を誓っているのでしょうか。その真摯な姿を見ると私など何の信仰を持たない凡人ですので恥ずかしくもあります。生きていく間には病気、老い、愛するものとの別れなど苦しいことに遭遇しますが、それを乗り越えていかねばなりません。苦はそれとは別にあれも欲しいこれも欲しい、こうもなりたいと行きつくことのない欲望が根本にあると思います。渇愛と言って喉が渇いて水が欲しくてたまらない、むさぼりです。私たちは物に執着し人の心に執着し、名誉や地位に執着しそれを放すまいと思い悩むのです。すべて執着が原因で生じていると考えます。これを少しでも減ずれば楽に生きられると思います。僧呂はこの欲望を断ち切るのに苦しい過酷な修業をするのです。仏は己の心にあると言われます。もうひとりの自分がいるのだと説かれています。さとるのはもうひとりのおのが身を変えることだと教えています。「仏道をならふといふは、自己をならふなり」と道元のことばがあります。お遍路さんはそれぞれ悩みや苦しみを背負い願いを、またそれとは別に見えない自分を探しているのでしょうか。同行二人お大師さんと一緒に札所88箇所を無事行脚することを願いましょう。
by aokinature | 2011-04-19 19:07 | 景観

山村は花の里山になりました

f0231460_21571098.jpg
f0231460_21564769.jpg
f0231460_21562234.jpg
f0231460_21554647.jpg
f0231460_21544846.jpg
f0231460_21534669.jpg

ここは日本一の大杉がある高知県大豊町の山村の風景です。総面積31494ヘクタール、その内森林の面積は27716ヘクタール何と88パーセントがお山です。山の傾斜地で木を切り田畑を開墾して暮らしてきました。棚田も多くあります。見ると農道や林道が縦横にありますが昔は皆無で歩道だけでした。神社に寄ると少し腰の曲がった80才くらいのばあちゃんがが居ました。お話をしましたがここにお嫁にきたのが二十歳、引きますと60年暮らしました。ここで鍬と鎌を使って背中に背負い苦労をしましたぞねと語りました。平地ではなく階段ですので上り下りで足腰はこわれましたぞねと。牛を飼い牛乳を背負い売りに行ったぞねと。ほぼ自給自足暮らしをしてきたのです。俯瞰できる場所に立ち山村の風景を眺めると、山桜やここにある木蓮の花が咲き美しい景色ではありますが、人の労苦がつくりあげた景観でもあります。永遠の歴史でつくり守ってきた山村の人たちの景観を残してあげましょう。
by aokinature | 2011-04-15 23:09 | 花の風景

山桜の風景です

f0231460_13552393.jpg
f0231460_1355134.jpg
f0231460_13544358.jpg
f0231460_1354244.jpg
f0231460_1353555.jpg

先日春うららかな日山村の道を走っていたら車窓から写真のような景色が次から次へと表れてきました。広い四国の森林にはどこに行ってもこのような風景にお目にかかれます。昔は多く群生していたようですが、スギやヒノキに占有され少なくなりました。渓谷などに枝をのばした山桜は日本画によく描かれる花鳥風月の風景です。深山の自然の森林に咲くものが良いですね。やわらかい若葉に触れるように咲く花びらは、やさしい大和撫子のようでもあります。奥山はまだつぼみで4月の終わりころまで咲いています。
    萌えそよぐ葉に花まぎれ山ざくら 中山一路
by aokinature | 2011-04-13 14:59 | 花の風景

棚田に春が訪れました

f0231460_17482461.jpg
f0231460_17475231.jpg
f0231460_17464350.jpg
f0231460_174687.jpg
f0231460_17454831.jpg

未曾有の大震災を受けられた東北のみなさんに御見舞いを申し上げます。天地の裂けるような恐怖に遭遇したみなさんに慰めの言葉はありません。身体に入ったつらいこと、悲しいこと、恐ろしかったこと泣いても泣いても取り除くことはできないと思います。すべてのものを持ったまま乗り越えて下さることを願うだけです。わたしには何の力にはなりませんが、自然の天候が助けになると思います。日々天に向かって、東北の地に暖かい陽射しを、春の風をそして天の恵みを世界のどの地より多く降り注ぐことを頼んでいます。皆さん願望は強いほど叶えられます。祈りましょう、願いましょう。東北のみなさんの復興と笑顔が見られことを願いましょう。
さて、四国の山村にも春の気候となりました。風景の色彩もところどころに若葉色に染まってきました。山からは水がほとばしり棚田に入ります。桜が咲き、鳥も啼き、棚田の畦にはすみれ、たんぽぽ、あざみ等花を開き始めました。蛙もゲロゲロとオタマジャクシを生む備えをしています。家に閉じこもっていたお年寄りも出て生まれ育った山の景色を眺めていました。これから田植えの忙しい毎日になる棚田です。
by aokinature | 2011-04-10 18:52 | 棚田