<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

棚田の冬景色です

f0231460_11285095.jpg
f0231460_11281118.jpg
f0231460_11261584.jpg
f0231460_11254916.jpg
f0231460_11252897.jpg
f0231460_112458100.jpg
f0231460_11243168.jpg
f0231460_1124095.jpg

寒中お見舞い申し上げます。ここ数日は寒波の襲来で凍てつく日本列島となりました。それに加えて東北北陸地方の豪雪は家屋を壊し人の命も奪う「白魔」とも思われます。雪は「天からの手紙」と言った学者もいましたがまた雪は罪深いものでもあります。先日、朝日新聞に岩手県沢内村は豪雪の地、降り積み家屋を埋める雪を風土記に「天牢雪獄」(てんろうせつごく)と記した苦難の4文字があったと載っていました。4日は立春まだまだ寒さは続きそうですが、一日でも早く雪の解ける暖かい陽射しを天上の主太陽さまにお願いしましょう。
さて南国高知と言えどもここ数日は極寒で天狗高原ではマイナス9度日中でもマイナス5度であったとニュースで知りました。雪の情報を聞き雪景を撮りに出かけたのですがあいにくその地はご覧のとおりでした。棚田は今は人の気配もなく五感で感じるのは冷たい風、飛び交う野鳥、澄みきった彼方に見える遠い雪山の風景などです。田んぼの草も土も冬眠中でやがて訪れる春に向かい力を蓄えているようです。草の匂い、水の音、土の湿りもなく今は無垢の世界と言ったところでしょうか。もう少し待ちましょう。お百姓さんが鍬を担いで立つ姿が見られます。地中の芽が「こんにちわ、おひさしぶり」と姿を見せることでしょう。風景は一変、花と緑の季節になる時を待ちましょう。
by aokinature | 2012-02-04 12:59 | 棚田