<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

棚田に桜咲く四季の風景です

f0231460_12482557.jpg

f0231460_9111940.jpg

f0231460_1234355.jpg

f0231460_1434877.jpg

f0231460_8401392.jpg

f0231460_9323761.jpg

f0231460_9444983.jpg

ここは高知県香美市にある棚田です。盆栽棚田とかはこ庭棚田などと呼ばれているようです。この田んぼを耕している方が手入れされて四季折々に美しい風景を見せて下さります。桜もお年寄りのお世話に応えねばと手足を空に向かって伸ばしています。山村の小さな景色ですが人間の自然への愛情がつくりあげた景観です。お互いに無償の愛で結ばれたものなのですね。
by aokinature | 2012-09-29 12:50 | 棚田

土佐天空の郷の棚田は黄金の景色なりました

f0231460_18204487.jpg
f0231460_18202171.jpg
f0231460_18194525.jpg
f0231460_18192131.jpg
f0231460_18185591.jpg
f0231460_1818978.jpg
f0231460_18174247.jpg

紺碧の空、白い雲、稔りの田んぼ秋の風景になりました。猛暑の吹き出した汗の肌も朝夕はひんやりした感じに変わりました。5月の植えた小さな苗も稲穂で撓わむれおじぎをしています。稔るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな。自然の恵みとお百姓さんの愛情を受けて美味しいお米をつくりました。正直ものですね。可愛がってくれたものには必ず恩返しをするのですね。美味しいお米を沢山食べて健康で長生きをしてねと願っています。山村のお米や野菜を食べて更に木材を使って山の人たちを応援しましょう。さて、私たちの周囲にある草や樹木のような心のないものでもすべての生物は仏性をもっており仏になるという、と仏教では教えています。私たちと一緒で仲間ということでなのですね。人類が生きられるのも宇宙の善意での行いがあってのこそです。太陽の光がなかったらどうなるのでしょう。樹木のみどりがなくなったら、天からの雨水が止まったら飢え死にます。自然は無償行為で光を水を酸素を与えてくれます。私たちも善い行いをして自然を破壊することはやめましょう。そむくことを成せば因果応報の法則という確率の高い報いがあります。恐ろしいですね。さて、私たちも少しでも日々善い行いをして暮らしましょう。そして自然を敬い良い環境を子孫に残すには、使い放題をやめて保護もしなければなりません。宇宙から見れば人間はちりのようなもの一生も一瞬のまばたきのようなもの、便利さばかりを追うことはやめて飢える人がいない地球にしましょう。
by aokinature | 2012-09-28 20:18 | 棚田

彼岸花 紅い花なら曼珠沙華咲きました

f0231460_17113820.jpg
f0231460_17111813.jpg
f0231460_1711297.jpg
f0231460_1793227.jpg
f0231460_1791871.jpg
f0231460_17731100.jpg
f0231460_177651.jpg
f0231460_1764996.jpg
f0231460_16595729.jpg
f0231460_16594168.jpg

彼岸のころ真紅の花が燃え立つように咲くヒガンバナです。別名曼珠沙華とは、梵語で天上に咲く赤い花の意味だそうです。花が咲いても実はできません。墓場に多いようで墓花とも言われます。この沢山の咲いているのは大豊町大杉国道32号線に山手にあります。ご主人が花を咲かすのに草を刈り手入れをしています。毎年お見事な花を山の斜面に咲かせ披露してくれます。私はこの花に懐かしい思いでがあります。小学校に入学式のとき、おかっぱに可愛い少女教壇に立ちみんなの前で、赤い花なら曼珠沙華オランダ屋敷に雨が降る濡れて悲しい.........と唄ったのです。童謡でなく流行歌でしのでみんなびっくりしたことを覚えています。直立して必死で声を出していたのを思い出します。私の土地ではシレイと言っています。死霊のことだったのでしょうか。終戦後食料にしました。根茎を臼でつぶしておまんじゅうにして、谷川に数日さらして食べましがとてもにがく胃の中に送りこむのにあげそうなったことでした。仏さんが入ったので長生きできそうです。さて、曼珠沙華を詠んだ詩といえばこの俳句ですね。
       つきぬけて 天上の紺 曼珠沙華       山口誓子

人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。ありがとうございます。励みにしまして良い写真をお見せしたく思います。
by aokinature | 2012-09-27 18:24 | 花の風景

石積み集落を訪ねました

f0231460_19313714.jpg

f0231460_19303087.jpg

f0231460_1930921.jpg

f0231460_19363871.jpg

f0231460_1929389.jpg

f0231460_2144088.jpg

f0231460_2152013.jpg

f0231460_216140.jpg

f0231460_2128958.jpg

f0231460_2129136.jpg
f0231460_21284964.jpg

f0231460_2145213.jpg

f0231460_2145216.jpg

高知県越知町の石積み集落を見に行きました。特に小日浦集落は平家の末裔の集落と言われますが、過疎の進んだ現在は僅かお年寄りがこの地を離れ難く数人おばあちゃんが住んでいます。奥行きのない斜面の土地に山石を積み上げた先人の労苦にはただ驚き感嘆するしかありません。越知の道の駅に昭和34年の集落の大きな写真がありますが、急斜面に田畑が千枚田となって「耕して天に至る」と築いた石垣が天に至っています。積雪のある景観ですが決して便利でないこの地で、苦楽を共にし必死で生きた集落の人たちを思うと写真を見ながらしばらく離れることができませんでした。狭く急峻な石段をわら草履で駆けあがった少年、私の幼いころのことを思い出し懐かしい景色が込みあげました。2日間この周辺を車でさした目的もなく道から見える山村の景色を追いました。ここは仁淀川の流域、川床の平地から山の山頂まで驚くような集落がありました。

環境問題・保護 ブログランキングへ
by aokinature | 2012-09-26 21:46 | 景観

夜明けの風景です

f0231460_19541489.jpg

f0231460_201652100.jpg

f0231460_20251959.jpg

f0231460_20224181.jpg

彼岸になり夜明けも遅くなりました。私のところは6時前に太陽が見え始めます。秋になり空は澄み美しくなります。早朝出かけ空を眺めるのも楽しいものです。朝窓から東の空を見てきれいだと思えばお決まりのところへ出かけます。時には感動するような景色を見せてくれ思わずお礼を言いたくもなります。残りの時間ひとつでも多く美しい景色を見なくてはと思うようになりました。
by aokinature | 2012-09-22 20:46 | 風景

四国のみずがめ早明浦ダムが満腹になりました

f0231460_19462659.jpg
f0231460_1946187.jpg
f0231460_19455473.jpg
f0231460_19453354.jpg
f0231460_1945152.jpg
f0231460_1944396.jpg
f0231460_19441478.jpg

台風でこのダム付近に400mm以上の雨が降りました。放水が見られるのではと今日19日早朝出かけました。見ると6門のうち4門から放水していました。昨日18日は6門すべてを出していたとのこと管理者から聞き残念でした。しかしここ近年降雨が少ないのか放流の様子を見ることが少なくなりました。久しぶりに見る放水の景観を眺めました。因みにダムの大きさを記してみましょう。大きさでは西日本で一番とのことです。ダムの高さ106m,長さ400m,貯水地面積7.5km2甲子園球場の188倍、総貯水量3億1千万トン学校のプール約75万杯とのことです想像できませんね。昭和42年から9年の歳月をかけてつくられました。瀬戸内海の水不足に比べ高知県は雨が多く災害防止と香川徳島へ水道用水、工業農業用水を供給する目的でつくられました。雨不足の影響は多大でここが干上れば下流のひとたちは自然の恩恵を知らされます。私は以前香川へ出張で行きましたがその時ダムの渇水で飲み水は持って行きました。ダムは満腹になったのでしょう惜しげもなく吉野川にささげています。川に沢山の水が溢れ流れているのは気持ちが良いですね。最近は天候異変で予想を超えた自然現象が生じています。自然は恐怖であることを忘れずに、恵みを多く与えてくれることをお願いして敬いましょう。
by aokinature | 2012-09-19 20:43 | 水の風景

白い雲が秋空に登場です

f0231460_13573673.jpg
f0231460_13571573.jpg
f0231460_13565758.jpg
f0231460_13555810.jpg
f0231460_13561033.jpg

台風が九州に襲来しています。天候も雲が多く覆い始めました。早朝空を見ると白い雲が秋空に表れていましたので見晴らし良いところで写しました。地平線から上に180度の視界雲はどこかは変わっています。雲型定規で描いているようです。綿のような雲を見ると、おーい雲よどこへ行くのか、俺を乗せてくれー!!
by aokinature | 2012-09-16 14:23 | 風景

秋の七草などご覧下さい。

f0231460_16362021.jpg

f0231460_167423.jpg

f0231460_1665763.jpg

f0231460_16401369.jpg

f0231460_167057.jpg
f0231460_1663418.jpg
f0231460_166534.jpg
f0231460_164342.jpg
f0231460_1632511.jpg
f0231460_163557.jpg
f0231460_1622387.jpg

先日棚田を散策していましたら秋の草花が咲き始めていました。季節を感じているのですね。以前に写したものなどで七草を揃えてみました。畦道を歩いてみますと草の匂いは夏のむせるようなものはもうありません。足もとはすぐに露でびしょぬれになります。わたしの幼いころはいなごやばったが着物につくほどいましたが今は少なくなりました。しかし春の田にはオタマジャクシが沢山泳いでいました。蝶も沢山いるようでした。草や木に花が咲けばまず昆虫が訪れ実がなれば野鳥や動物が集まります。山村の棚田には植物、生き物の守る環境があります。可愛い草花、昆虫、小鳥たちを大切にしましょう。尊い命は私たちと同等のものだからです。花は上から漢字で書きましょう。撫子(瞿麦)、藤袴、女郎花、桔梗、葛、尾花、曼珠沙華、萩 皆さんご存じのとおりです。
by aokinature | 2012-09-14 17:29 | 花の風景

稲穂が熟れ始めました

f0231460_15382797.jpg
f0231460_1538378.jpg
f0231460_15375239.jpg
f0231460_15372571.jpg
f0231460_1537124.jpg

先日、稲の実りはどうなっているだろうかと雨は降っていましが見に行きました。ここは物部川の山辺にある棚田です。上れば展望は素晴らしく蛇行する川の彼方には香長平野、土佐湾そして太平洋を眺めることができます。田んぼを見れば稲穂はこうべを垂れおじぎをして収穫される日を待っているようでした。百日紅が雨粒をつけて重たそうに垂れていました。これから畦には彼岸花が咲き、晴天ともなればお百姓さんは忙しい日々になります。豊年の風景になりますように願いましょう。
by aokinature | 2012-09-11 16:22 | 棚田

秋の気配は空に訪れ始めました

f0231460_15415970.jpg
f0231460_1541466.jpg
f0231460_15415338.jpg
f0231460_15413014.jpg
f0231460_15411632.jpg
f0231460_1541029.jpg
f0231460_15404917.jpg
f0231460_15395848.jpg
f0231460_15394590.jpg
f0231460_15394852.jpg

今年の夏は暑さに打ちのめされましたね。去る7日は二十四節気の「白露」で露が結び秋の色が漂い始めるころとされていますが残暑が強く涼しい日はまだ先になりそうです。しかし、炎天の空は澄み切った青空に秋の美しい雲が上層に目立つようになりました。自然画家は紺碧のカンパスに白い刷毛で変化自在の筆裁きで描きました。ここに10枚ほど仕上がったようでお借りした次第です。さて、9月は台風のシーズン集中豪雨は秋雨前線によるもの警戒は怠りなくしましょう。
by aokinature | 2012-09-08 16:45 | 風景