高知農業高校の巨大なモザイク壁画です。今回は藤川球児です

恒例になりました文化祭のメイン行事です。生徒さんの作るハムは人気商品で美味しく安く行列ができます。野菜果物も100円と安く売っています。焼きそばも汗だくで混ぜています。舞台もつくられて踊ったり唄ったりして見せてくれます。みなさんこの催しはご存知で子供から大人まで校内は溢れんばかりの人で賑わっています。
f0231460_2021214.jpg

f0231460_2024678.jpg

f0231460_203254.jpg

f0231460_2035837.jpg

# by aokinature | 2015-11-21 20:14 | 景観

山村の風景です 高知県大豊町

ここはお年寄りばかりになった限界集落の山村です。雲海に囲まれる美しいところ期待して出かけのですが今日はお休みでした。今は柚子の収穫で軽四のトラックに積んで狭い坂道を降りていました。おばちゃんに、てっぺんの田んぼにお嫁さんに来たころの話し聞いていましたら、帰るとき「なんぼでもとっていきや」と沢山なっている柚子を一緒にちぎってくれました。実生の美味しいもので山の上などはとる人も少なくなっていくのですね。
f0231460_1045259.jpg

f0231460_10453628.jpg

# by aokinature | 2015-11-17 10:52 | 山村

吉野川の秋の風景です 高知県大豊町本山町

雨上がりの天候、晩秋の気配を感じてみようと早朝でかけました。濃い霧に覆われる景色をと期待したのですが晴天で残念でした。こんなことは毎度でお天道様は少々気まぐれですので恨んではいけません。感動する景色をつくって待ってくれていたことは何度もありました。今日は白い雲と青空で秋の美しい風景を演出してくれました。
f0231460_1985635.jpg

f0231460_19101942.jpg

f0231460_20524422.jpg

f0231460_19134559.jpg

f0231460_19164139.jpg

f0231460_19173867.jpg

f0231460_1918590.jpg

f0231460_19182980.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
# by aokinature | 2015-11-15 19:28 | 風景

高知県三嶺西熊山周辺の紅葉です。

ここは天然林が残っていますので紅葉は色模様も多種多彩で美しい風景に染まります。以前67のカメラで写したものです。このブログにあるかも知れませんがスキャナーを再度し直しつくってみました。デジタルとは違った自然の色彩になっていると思います。
f0231460_15453197.jpg

f0231460_1546024.jpg

f0231460_15462868.jpg

f0231460_15464784.jpg

f0231460_15474135.jpg

f0231460_15545952.jpg

f0231460_15594891.jpg

f0231460_15583647.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
# by aokinature | 2015-11-11 15:49 | 紅葉

紅葉の集落は消滅しょうとしています

高知県旧物部村最奥の集落です。平成5年物部村は県内最大の山火事がありました。焼失面積500ヘクタール余り被害額8億八千万円と大きな火災でした。この地から火災の様子が見えるので何度か来ました。今回写真を撮りに訪れましたが、変わり果てた風景に「これはどうしたのだ」と驚愕しました。人家がなくなっているのです。ここで住んでいる方がいましのでお聞きしました。以前は49戸250人位住んで小学校もあり150人の児童もいました。林業も盛んで仕事も多くありました。和紙をつくる三椏や楮、柚子、こんにゃくなど山村の産物で生計をたてていました。時は変わり過疎、材木価格の急落、ここでの不便な暮らしなど考えたのでしょう、山を売り畑を売りここを去っていきました。国は木材はあるのに外国から買い、お米をつくる田んぼもあるのにアメリカからお米を買い減反をしました。後を継ぐ息子をお金で連れ去り山村は働く若人はいなくなりました。ここに老夫婦が住んでいますが、もうすぐ町にいる息子のところへ行くのだと言っていました。そうなるとここには住民がいなくなります。老夫婦は指をさしながらここにもあそこにも家があったと、見てみれば樹木とかずらが巻きつき住処を覆いかぶさり見えません。山を見て下さい。岩石もある急峻な地にスギやヒノキあるいはケヤキなど植えています。登るにも困難な場所によくも植えたものだとこの人たちの行いは尊く賞賛すべきものです。自然破壊をする者に見せたいですね。山はこうしてつくられて自然を守っているのだと。喉元をとおるお水も汗も一緒になのです。
山の木は孫に家を建ててやろうと太ったのにあきらめにゃならんのか悲しんでいるようです。育ててくれる人もいなくなり、かずらに巻かれ鹿に食われ格好のわるい木にならにゃならんのかつらいのうと話し合っているようです。
数人でつくった集落は今日まで助け合い苦楽の景観はは5年10年と歳月の流れるままに消えていくでしょう。
f0231460_2042856.jpg

f0231460_2014491.jpg
f0231460_2011348.jpg

f0231460_2052151.jpg

このお家にだけになりました
f0231460_2084236.jpg

近くにこのようなお家もありました
f0231460_20105943.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
# by aokinature | 2015-11-05 20:30 | 山村