坂本龍馬のルーツを訪ねました

坂本龍馬の祖先のお墓が南国市才谷というところにあります。お墓は初代と二代三代の2箇所です。この才谷でお墓の掃除などしている方にから聞いたのですが353年前に建てたと記録があったそうです。353年前のころは大阪夏の陣で豊臣氏滅亡徳川の時代となり鎖国令が制定されています。さて、ここでの坂本家は田畑、山など多く持ち資産家だったようです。4代のとき高知の城下に移り質屋業、酒造業をはじめ業績をあげました。城下でも数えられるほど出世をしました。6代の八郎兵衛に二人の子どもがありましたが、兄の兼助が郷士の職を買って別居しそれから3代ののち風雲児坂本龍馬が誕生したのです。
f0231460_16230100.jpg

                坂本家の家系図です
f0231460_16251480.jpg

          初代太郎五郎のお墓です 石室式で、観音開きで中に1個の石碑があります。
f0231460_1630239.jpg

          二代彦三郎三代太郎左衛門のお墓です
f0231460_1634592.jpg

  初代太郎五郎のお墓から見た才谷の風景です。龍馬は祖先の墓に別れを告げ脱藩したと伝えられていますが
  この故郷をどのような眼差しでみたのでしょうか。
f0231460_16443548.jpg

            才谷龍馬公園にある「自然堂」です 向こうに龍馬が居ますね。
f0231460_1772935.jpg

            自然堂に掲げているものです
f0231460_1791066.jpg

       才谷は棚田が多くあり保存されています
by aokinature | 2010-06-14 17:24 | 景観
<< 先人たちの労苦に頭を垂れました 白い花が咲いていた >>